きくのとブログ

四姉弟の子育てに奮闘中の かくたすん が、身近な「これいい!」「好き!」を自由に発信しています

楽しくて運動能力向上やダイエットに最適!室内のオススメ大型遊具 トランポリン

 

こんにちは!かくたすん🌵です!

我が家では長女ミカン🍊が3才、次女リンゴ🍎が1才の頃にゴム式のトランポリンを買いました。

その後、ゴム部分がくたくたになって買い替え、現在2代目です!

今回は子どもにとって魅力いっぱいのトランポリンをご紹介します!

 

 

トランポリンは、どんなところがいいの?

トランポリンは、重力に逆らって上へ向かってジャンプする「抗重力運動」です。

下半身を中心とした全身の筋肉を、ジャンプした時に無重力になったことで「弛緩」させ、降りた時に通常よりも多くの重力を与えて「緊張」させることにより、効率的に刺激することができます。

そのため、毎日5分〜10分と短時間でもダイエット効果が期待されます。

また不安定な体勢の中でバランスを保とうとするため体幹も鍛えられ、姿勢改善などにも繋がります。

最近ではジムなどでもトランポリンの講座があったりしますね。

トランポリンは今、大注目の運動器具なんです!

 

トランポリンが大好きで買った当初からしょっちゅう飛んでいる次女リンゴ🍎は、下半身がしっかりしていて、かけっこが早く、その他の運動能力も高いです!

また、末っ子長男のクリボー🌰も姉たちを見て1才半頃から飛ぶマネをしていたせいか、2才になる前から両足でのジャンプが上手です!

長女ミカン🍊と三女モモ🍑は時々しますが、飛んでる時はいつも上機嫌でテンションが高いです(笑)。ジャンプする事で気持ちが上向きになるのでしょうね!

そんな子どもたちを見ていると、トランポリンは身体にも心にもいいんだなーと実感します!

 



子どもはみんな大好き!トランポリン!

家族ぐるみで仲良くしている友達をしばしば我が家にお招きすることがあるのですが、うちに遊びに来た子は、みんなトランポリンを見ると必ずジャンプします。

そして、年齢や上手下手に関わらず、どの子も飛んでいる時はとてもいい笑顔なんです!

それを見ると、子どもは飛び跳ねるのが好きなんだな〜と感じます。

また、自分の子がトランポリンをしているママやパパも「うちの子がこんなに飛べるの知らなかった!」「こんなに楽しく飛んでるの初めて見た!」と我が子への新たな発見があるのを嬉しそうに話してくれます。

そんな友達みんなに、私と旦那🐟はトランポリンの購入を勧めています(笑)

 



どんなトランポリンがいいの?気をつけるポイントやデメリットも紹介!

トランポリンは大きく分けてスプリング式ゴム式の2種類があります。

スプリング式は後述のゴム式よりも耐久性があります。しかし手や足がスプリングに挟まってしまう危険がありますので、スプリング部分にカバーのあるものを選ぶといいですね。

スプリングは金属なので音が出やすいデメリットもありますので、気になる方は音が出にくい加工のされたものや、ゴム式のトランポリンがおすすめです!

 

ゴム式は先述の通り、スプリング式よりも音が静かなのが特徴です。我が家もこちらを愛用しています。

マンションで使用する場合は防音対策としてゴム式のトランポリンにし、更にトランポリンの下にマットを敷くなどをした方がいいかもしれません。

ちなみにゴムなのでしばらく使うとだんだん伸びてきてしまい、そのうちジャンプして沈む時に床につく感覚が出てきます。また、ゴムが切れてしまうこともあります。

ゴム式はスプリング式と違って壊れた部分だけ買い替えるということが難しく、新しいトランポリンを買い直さなくてはなりません。

 

もし、トランポリンで大人と子どもが一緒にジャンプしたいなら、耐荷重に気を付けてくださいね。トランポリンの耐荷重を超えたりギリギリの重さでジャンプしていると、着地の時に沈みすぎて床に足がついてしまったり、壊れやすくなってしまう恐れがあります。

また、トランポリンは脚の数が多いほど安定性が増し、ぐらつきにくくなります。購入したいトランポリンの候補がいくつもあって悩まれている時は、脚が多い方にするといいと思います。

 

トランポリンの大きさは、直径90センチ~100センチ以上、高さ20センチ以上のものが多いです。狭い場所に置くと、それだけでいっぱいになってしまいますので、部屋に合った大きさのトランポリンにするといいと思います。

最近では、高反発や衝撃吸収素材のトランポリンクッションも人気です。その大きさは四方の長さが40センチ以上と小ぶりなので、一般的なトランポリンを置くのは部屋のスペース的に難しかったり、試しに買ってみようかなという方にぴったりですね!

 

トランポリンを置く場所は、子どもが飛んだ時に足を広げてもぶつからないような周囲に物が置いていない場所かつ、大人が飛んでも頭がぶつからないような鴨居や照明のない場所が理想的です。

トランポリンは立てて置いておけるのですが、その状態でぶつかったり、上の方の脚を子どもが持って揺らすと倒れやすいので、小さいお子さんがいるおうちは注意してください!

安全に楽しく遊びましょうー!

 

ちなみにゴミとして捨てる時には、うちの住んでいる場所では粗大ゴミ扱いになるので、少し手間がかかります。

それから、ダイエットにいいと先述しましたが、私と旦那🐟はトランポリンをすると脳がシェイクされる感じがあって、1分飛ぶだけでクラクラしてしまうのであまり使ってないです…(笑)。

私が幼い頃はトランポリンをしても全くそんなことなかったのですが、大人になって弱くなったな…と自分にがっかりしています…。できれば子どもと一緒に飛び跳ねたいのにな…。

 

でも、そんなデメリットを吹き飛ばすくらい、トランポリンは我が家の子どもたちには必須の遊び道具です!

 

 

まとめ

今回は子どもに大人気のトランポリンをご紹介しました!

余談ですが、下の子が赤ちゃんの時には、トランポリンの上に一時的に寝かせたり(通気性がいいのか機嫌がいいです。その時はただ寝かせるだけで、揺らしてはいないです)、トランポリンの上でおむつ替えをしたりと、本来の用途とは違った活用もしています(笑)。

子どもの遊びに、大人のダイエットにといい事ずくめのトランポリン、オススメです!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました〜!

 

 

 

全国の店舗から選ばれるキッズコーナー専門通販【チャイルドパレット】